So-net無料ブログ作成

盲導犬「オスカー」、刺されながらもいつもどおり主人を職場へ [ニュース]


盲導犬「オスカー」、刺されながらもいつもどおり主人を職場へ

【ことのてん末】
さいたま市の全盲の男性(61)が連れていた盲導犬が、
何者かに刺されけがをする事件があった。


日 時:7月28日、通勤の途上で事件は起きていた模様
徒 歩: 自 宅 → JR浦和駅
電 車:JR浦和駅 → JR東川口駅
徒 歩:JR東川口駅 → 職 場(途中、コンビニに立ち寄る)
職場の同僚が盲導犬「オスカー」の血に気がつく。
何者かに刺されながらも、吠えて訴えることもなく
主人を無事職場まで誘導したことになる。


オスカー.jpg
* 警察の調べでは、
コンビニの防犯カメラの「オスカー」はすでに出血していることから、電車内で刺された可能性が高いとみているようだ。
容疑としては”動物虐待”に当たると思うが、なんともやり切れません。

また「オスカー」のために説明するなら、盲導犬は、自分が被る危害については、極力反応しないように訓練されているため、自己防衛(吠えたり、襲ったり)することはないという。
但しこれが、主人である飼い主に危害が及びそうになると防衛行動はとるようです。


盲導犬の関係者いわく、他の盲導犬でも「顔に落書き」されたり、
タバコの火押しつけ」などの被害があったという。



弱いものをイジメることを
何とも思わない人間・日本人がいるということです。

そのような行為を見て、見ぬふりをした自分がいたかもしれません。

「オスカー」があなたに何か迷惑をかけたのでしょうか?
主人にさえ危害が及ばなければ、自分は何をされてもジッと耐えるなんて
盲導犬があまりにもかわいそうです。

盲導犬「オスカー」をそのように訓練したのは人間です。
「オスカー」は主人を守ることに一生懸命なんです。
そんな盲導犬「オスカー」を
回りの人間が守ってあげなくてどうするんでしょう。

まして反抗できない盲導犬に危害を加えるなんて”ヒキョウです。



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます