So-net無料ブログ作成

もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)は3日連続ドロー【準決勝】 [スポーツ]


もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)は3日連続ドロー【準決勝】

今年の夏の甲子園は、台風の影響で開幕が2日ズレましたが、その後は
何とか順調に推移し、8/25 大阪桐蔭が三重を下して、2年ぶり4回目の
優勝で閉幕いたしました。

もう一つの甲子園とも言われる、第59回全国高校軟式野球大会が、同じ25日に
開幕してたんですね。 同じ高校球児ではありますが、硬式に比べ軟式野球は
普段あまりスポットが当たりません。

ところが今年の軟式野球、今大変なことが起きているんです。 場所は
兵庫県の明石トーカロ球場での準決勝戦が、3日間戦っても決着がつかず、
31日の午前9時 延長46回から再開する事態になっています。

対戦は中京(岐阜) VS 崇徳(広島)・・・3日間の戦況は以下の通り
<28日(木)>
【中】松井(15回、10安打、215球)
【崇】石岡(15回、5安打、177球)
<29日(金)=16回から再開>
【中】松井(15回、9安打、217球)
【崇】石岡(15回、6安打、214球)
<30日(土)=31回から再開>
【中】松井(15回、5安打、203球)
【崇】石岡 (15回、8安打、226球)
3日間、両校とも同じピッチャーが投げ続けています。

中京・松井くんの総投球数=635球
崇徳・石岡くんの総投球数=617球

これは、完全にアウトです。 ルール改正が必要です。
動物に例えて何ですが、こういうのを”動物虐待”と言うはずです。
何で放っておくんでしょう?

選手たち本人は抑えが効かないんです。 大人がそれをカバーして
あげないと、体が壊れるまで突っ走ってしまいます。 一時の感動に
溺れてしまっては、そこから先に待っている何倍もの年月に、将来に
禍根を残すことになると思います。

更に付け加えるなら、31日決着をつけ、その日のうちに決勝戦を行うそうです。
中京にしろ崇徳にしろ、どちらが勝ち残ったとしても”地獄のダブルヘッダー。”

絶対にルール改正が必要です。。。すべきです


スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます