So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

朝日新聞の謝罪会見から【2】 それでも朝日を読み続けますか? [ニュース]


過去にも不祥事を起こしたメーカーや加工会社等、数々ありました。
それらの会社を対象に”不買運動”も起きました。
”不祥事”と真摯に向き合い、長い期間をかけて復活する会社もあれば、
対処できずに消えていった会社もあります。


でも、朝日新聞がやって来た
「従軍慰安婦報道」や「命令無視で撤退!」報道は、
それらとは比べることが出来ない程の”犯罪(国家反逆罪)”です。
今の日本には”国家反逆罪”というものは存在しませんが、
あてはめるとすれば「内乱罪、騒乱罪、外患誘致罪」が考えられます。


何故か・・・
敗戦後の日本を、一歩一歩築き上げてきた諸先輩の積み重ねを、
ウソ記事・ねつ造記事で、過去何度もぶち壊して来たからです。
何故に日本や日本人をおとしめるような記事をウソをついてまで
書く必要があったのでしょうか?
日本のため、家族のためと信じて、”敢えて死んでいった人達”を思うと
”怒りの声”が聞こえてくるようです。
だから、”犯罪(国家反逆罪)”だと云いました。

法治国家ですからリンチはいけません。
法廷(国会)に呼んで(証人喚問)、客観的に判断を下すべきです。
”不買運動”は国民個人の自由意志ですから、強制はできませんが
国や国民がはずかしめを被るような事を”意図的(ねつ造記事)”に
やったのです。 判決によっては死刑(廃刊・倒産)もあるでしょう。
甘んじて受けなければいけません。

少しでも反省の情を示すなら、
他人に言われずとも、下記の後始末を早急に行うべきです。


◆ 英語版による「従軍慰安婦報道」や「命令無視で撤退!」報道の
 訂正記事の配信。+ネットでのアクセスも可能にする。

*この件に関しては朝日が動く気配がないので、読売新聞が自費で
「従軍慰安婦報道は誤報だった」の英語版を既に配信済み。
*朝日の尻拭いをする必要は読売にはないのだが、国の威信に関わる
 との大局に立った判断を歓迎します
→ 請求書は「朝日新聞」へ。

◆ 朝日の「従軍慰安婦報道」が元となった誤った判断・行動への
 取下げや修正のお願い行動をすべき。

*国連からの「クマラスワミ報告書」に代表される
 数々の誤った判断の訂正及び撤回。
韓国及び韓国民に対する謝罪(中国も同様)
 (嘘ついてたゴメンね。。あるいは、嘘がバレちゃったゴメンね。)
韓国及び韓国民に対する助言
 アメリカやオーストラリアでやってる”慰安婦像”設置運動は
 笑いものになるだけだから早いとこ止めなさい。
(作っちゃった像は壊して元通りにしときなさい)

日本国に居続けたいのなら、本当の反省を示すなら
日々の発刊を止めてでも上記”信頼回復作業に専念すべき”です。



朝日・社員の方がツイッターで
”謝罪会見は朝日の9・11だ”と流したそうです。

どのような解釈のもとに”9・11”に例えたのかは分かりませんが、
外部の人間からすれば「ふざけるな!」「被害者ヅラするなっ!」
言いたいです。

32年間もねつ造記事を放ったらかしたり、今回だって
”吉田調書”が公開されなければどうなってたか分かりません。

編集責任者がハッキリそう発言してるじゃないですか。
   >> 06:00 頃の発言に注目 <<

部署が違うから関係ない? → そうかもしれません。
でもその部署が犯したトバッチリ(廃刊・倒産)が降りかかっても
そう言っていられるでしょうか?
それが困るんであれば、
『内部からだって”オカシイ!”という声を
 上げられたんじゃないでしょうか』
って、言いたいです。

世間の審判を待とうじゃないですか?



朝日新聞の謝罪会見 動画あり。 それでも朝日を読みますか? [ニュース]


朝日新聞の謝罪会見が9/11ありました(動画あり)。
それでもあなたは”朝日”を読み続けますか?


当日の会見の主要部分をご覧ください。
http://youtu.be/Jo-MD8pK22E
06分過ぎにとんでもないことを発言しています。
・・・吉田調書を入手してるのは朝日だけ、という認識。
(この調書は将来も表に出ないから、朝日を批判できる根拠は存在しない)
→ 書いたもん勝ち、何とでも書ける → だから、書いた。

その後(8月下旬)、他紙も同じ情報を入手。
・・・詳細に分析してみても、
「どうしたら朝日新聞のような『命令無視で撤退!』という
 見出しになるのか分からない」
とバッサリ。



ここから分かることは、ネタ元は未来永劫開示されないはずなので
何とでも書けるぞ~ 見出しは『命令無視で撤退!』だ、行け~~!


その結果はご承知のように・・・
*韓国メディア・・・福島原発事故は“日本版 セウォル号”だった!
*米・NYタイムズ・・・パニックに陥った作業員たちは、
 福島原発から逃げ去っていた

*英・BBC・・・福島原発の作業員は危機のさなかに逃げ去った
・・・という、”狙い通り”の海外メディアの反応につながったのです。

朝日は、本当はこのネタを使い、繰り返し繰り返し
記事をつなげたかったのだと思います。
それが「従軍慰安婦報道」見られるような、朝日新聞のやり方です。
今度も30年間ぐらい引っ張ろうとしたのかもしれませんが、
インターネットの仕組みがそれを防いでくれました。
これでもあなたは”朝日”を読み続けますか?


★ 更に信じられない謝罪の仕方
「福島原発事故での『命令無視で撤退!』記事は誤報です。取下げます」の
謝罪会見のはずが、「従軍慰安婦報道」でもご迷惑かけました
 → ペコリとやったのです。

「従軍慰安婦報道」に関しては、紙面での”記事取下げ”は表明しても
今回のような明確な謝罪会見は設けていません

それを(あの件も含めて)間違いでした → ペコリをやったのです。

集まった記者らは「原発報道の謝罪」を意識してますから、
「従軍慰安婦報道」の件には突っ込めませんよね。
汚いです”朝日・木村社長”。 卑怯です”朝日・木村社長”


興奮を抑えながら整理すると・・・
一連のウソ記事・ねつ造記事に、少しでも反省の情を示すなら、
他人に言われずとも下記の後始末を早急に行うべきです。

◆ 英語版による「従軍慰安婦報道」や「命令無視で撤退!」報道の
 訂正記事の配信。+ネットでのアクセスも可能にする。
*この件に関しては朝日が動く気配がないので、読売新聞が既に
「従軍慰安婦報道は誤報だった」の英語版を自費で配信済み。

*朝日は自分自身で読売がやったことをやるべきです
 (ライバル紙のヒボウ・中傷と解釈されないためにも)

◆ 朝日の「従軍慰安婦報道」が元となった誤った判断・行動への
 取下げや修正のお願い行動をすべき。
*国連からの「クマラスワミ報告書」に代表される
 数々の誤った判断の訂正及び撤回。
*韓国及び韓国民に対する助言
 アメリカやオーストラリアでやってる”慰安婦像”設置運動は
 笑いものになるだけだから早いとこ止めなさい。
(作っちゃった像は壊してちゃんと元通りにしといてネ!)


正直、朝日・木村社長の(一緒にまとめて)ゴメンね謝罪は
聞いてて椅子からずり落ちそうになりましたよ。
そんな感覚なのかよ~~って。 あなたは、どう思いました?




錦織選手 全米オープン決勝進出 NHK大チョンボ! [ニュース]


錦織選手 全米オープン決勝進出を放映(地上波)できずNHK大チョンボ!

錦織選手が日本人・初となる全米オープン決勝進出が決定しました。
準決勝の相手はジョコビッチ選手(セルビア)、世界ランク1位の選手です。

そのジョコビッチ選手相手にフルセットまで持ち込むこと無く
セットカウント3-1で決勝進出です。
第1セット
★ 錦織 6 VS 4 ジョコビッチ
第2セット
  錦織 1 VS 6 ★ ジョコビッチ
第3セット
★ 錦織 7 VS 6 ジョコビッチ
第4セット
★ 錦織 6 VS 3 ジョコビッチ

nisikoori-kessyou.png

それにしてもこの”準決勝”を何故にNHKは地上波放送をしなかったのか。
新会長・籾井(もみい)氏は、”汚名ばん回”のチャンスをまたもや失した。
民間からの登用といわれ期待もあったが、営業のセンスも無いようだ。

日本人が誰一人見れなかった決勝戦の舞台に立つ錦織選手、
次は、フェデラー(スイス) 対 チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦です。

NHKが、籾井会長が最後の”汚名ばん回”を果たすことを期待してます。



【 追 記 】
なんとフェデラーも敗れました。
従って決勝戦の相手はチリッチ(クロアチア)選手で決定。

過去の対チリッチ戦は、錦織選手が5勝2敗で勝ち越し中・・・・・”油断大敵!”

ここ数試合、ランク上位との対戦が続いてましたので・・・、
緊張感を切らさず、頂点を極めて欲しいと祈るばかりです。。。


決勝戦は日本時間9日早朝です。


デング熱~エボラと一瞬勘違いしました。 日本にも来た~~って。 [ニュース]


デング熱~エボラと一瞬勘違いしました。 日本にも来た~~って。

デング熱の国内感染者がどんどん増えています。
「蚊(主にヒトスジシマカ、ネッタイシマカ)」にご注意!
昨日22名と言ってたかと思うと、今日の昼過ぎには34名に拡大。
いずれも東京・代々木公園周辺を訪れていたことが判明しています。
まさに、東京・代々木【デング】公園と化してしまいました。

新たに、合わせて12名が感染したことが確認されましたが、感染者の中には、大阪や青森などで発症した人もおり、やはり代々木公園や周辺を訪問していたとのこと。

さらに確認された感染者の中には、TBS「王様のブランチ」の女性リポーター2名も含まれており、やはり代々木公園でロケ中に刺された事を認めています。
詳細も分かっていて・・・
Aさん 】8/21のロケ中に、両足を30数カ所刺されたとのこと。 27日に熱が出たので病院へ行った時は”カゼ”との診断。 処方の解熱剤で一旦おさまるも、29日に再び発熱と目の奥に痛みを訴えたので、30日別の病院で”デング熱”と診断。
Bさん 】27日に体調不良を訴え、39.8度の高熱が出た。
病院でデング熱と診断され入院した。

※ お二人のケースだけ見ると「蚊」に刺されてから”6日目に発症”。
 それから”高熱”と”目の奥の痛み”が確認されています。
※ Aさんは最初”カゼ”と診断 → ”デング熱”と判明。
 Bさんは最初っから”デング熱”と診断されていました。
 
Aさんの誤診がオオゴトにならなくて良かったですね。


盲導犬「オスカー」、刺されながらもいつもどおり主人を職場へ [ニュース]


盲導犬「オスカー」、刺されながらもいつもどおり主人を職場へ

【ことのてん末】
さいたま市の全盲の男性(61)が連れていた盲導犬が、
何者かに刺されけがをする事件があった。


日 時:7月28日、通勤の途上で事件は起きていた模様
徒 歩: 自 宅 → JR浦和駅
電 車:JR浦和駅 → JR東川口駅
徒 歩:JR東川口駅 → 職 場(途中、コンビニに立ち寄る)
職場の同僚が盲導犬「オスカー」の血に気がつく。
何者かに刺されながらも、吠えて訴えることもなく
主人を無事職場まで誘導したことになる。


オスカー.jpg
* 警察の調べでは、
コンビニの防犯カメラの「オスカー」はすでに出血していることから、電車内で刺された可能性が高いとみているようだ。
容疑としては”動物虐待”に当たると思うが、なんともやり切れません。

また「オスカー」のために説明するなら、盲導犬は、自分が被る危害については、極力反応しないように訓練されているため、自己防衛(吠えたり、襲ったり)することはないという。
但しこれが、主人である飼い主に危害が及びそうになると防衛行動はとるようです。


盲導犬の関係者いわく、他の盲導犬でも「顔に落書き」されたり、
タバコの火押しつけ」などの被害があったという。



弱いものをイジメることを
何とも思わない人間・日本人がいるということです。

そのような行為を見て、見ぬふりをした自分がいたかもしれません。

「オスカー」があなたに何か迷惑をかけたのでしょうか?
主人にさえ危害が及ばなければ、自分は何をされてもジッと耐えるなんて
盲導犬があまりにもかわいそうです。

盲導犬「オスカー」をそのように訓練したのは人間です。
「オスカー」は主人を守ることに一生懸命なんです。
そんな盲導犬「オスカー」を
回りの人間が守ってあげなくてどうするんでしょう。

まして反抗できない盲導犬に危害を加えるなんて”ヒキョウです。


「3・11 福島の原発事故対応」を朝◯新聞はどう報じたか 【2】 [ニュース]


原発事故後しばらくして、政府の事故調査・検証委員会が、事故発生時に所長として対応に当たった吉田昌郎(まさお)氏(2013年7月9日死去)に 聞き取り調査「聴取結果書(吉田調書)」を実施しておりました。

この調査後、吉田氏は自分の報告が一人歩きしないよう、上申書という形で
「安易な公開」に懸念も表明していました。 いわく「昼・夜の判断もつかないほどの、
不眠不休の作業継続下での記憶である」として、他の人とのすり合わせで万全を
期して欲しいとの想いと思われる。

このこともあってか、自民党議員であっても閲覧できなかった「吉田調書」。

これを朝◯新聞がどこからか入手し、5/20付けの記事でまたしても
捏造(ウソ)記事「福島第一の原発所員、命令違反し撤退|吉田調書で判明」

を発信したのでした。

この5/20付けの朝◯新聞を受け、世界の反応は以下の通り。
*韓国メディア・・・福島原発事故は“日本版 セウォル号”だった!
*米・NYタイムズ・・・パニックに陥った作業員たちは、福島原発から
 逃げ去っていた
*英・BBC・・・福島原発の作業員は危機のさなかに逃げ去った


これは事故後4日目の3/15、2号機の状態が最悪になりそうになった時点で、
”非戦闘員=人事、総務、広報(含む女性) 600名強” の安全をも、吉田所長の
判断に任されていた時のことです。 そこでの吉田所長の判断を悪用・ねじ曲げ
10キロ離れた第2原発への一時避難を「命令無視の撤退」と報じた
のです。

また、実質的な作業を行なったのは「協力企業の人たち」という印象を
植えつける表現も再三なされているが、これも事実とは違っています。

協力企業の人たちは吉田所長の方針によって「退避」しており、吉田所長に
命を預けた70名弱の”戦闘員”が現場に残り続けた
のです。

吉田所長(故人)が懸念した事が、朝◯新聞によって現実化してしまったのです。
吉田所長の名を語って、捏造(ウソ)記事を世界中に配信され、吉田所長は
さぞかし無念でしょうし、ご遺族の方々や関係者の方々、ハラワタが煮えくり
返っていることと思います。

自民党議員であっても閲覧できなかった「吉田調書」が、今回(8/17)公表
されたことにより、朝◯新聞による「捏造(ウソ)記事」がまた一つ暴かれる
事となりました。


根っからの嘘つき企業に、企業としての特例を与え続けて良いものでしょうか? まして”新聞社といえば社会の公器”、一般企業以上の特例が用意されています。 それらの”はく奪” があっても良いと思います。


詳細は以下の2記事に譲ります・・・
http://www.kadotaryusho.com/blog/2014/05/post_758.html
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 [単行本] アマゾン


「3・11 福島の原発事故対応」を朝◯新聞はどう報じたか 【1】 [ニュース]


「3・11 福島の原発事故対応」を朝◯新聞はどう報じたか。

朝◯新聞 8/5-6の「従軍慰安婦報道」過去記事取下げは、入り口に
立ったにすぎません。どうもそこのところをお得意の”論理のすり替え”で
ウヤムヤにしようとする魂胆が見え隠れします。


今回の朝日の表明は、最初の報道から見れば32年ぶりとなります。
この間16回に渡り「捏造(ウソ)記事」を世界中にまき散らしたのです。
まき散らしたものを回収してもらわんことには、一件落着とはいかないと
私・管理人は考えております。


今日の管理人の話しは、「従軍慰安婦報道」とまでは行かないまでも、
朝◯新聞お得意の”論理のすり替え”によって、誤った報道が世界に
拡散してしまったという「事例-その2」です。

日本人が忘れてはならない「3・11 東日本大震災」と、それに連動して
発生した「福島の原発事故」。 この原発事故に関してです。

*初めに断っておきますが「原発の是非」を議論するものではありません。

「福島の原発事故」が未曾有の災害であることは、どなたも異論はないと
思います。 それも「3・11 東日本大震災」直後で、まわりの全てが平時
ではない状況下です。

その場に居合わせた我が身の不運を、吉田昌郎(まさお)所長は呪ったかも
しれませんが、多くの日本人は吉田所長がいてくれたこと、被害が最小限に
治まるよう努力してくれたことに”感謝”こそすれど、現場に残った69名や、
一時避難の600名強、総勢約700名に対し、非難するつもりはもうとう
ありません。 またこれが、”日本国民の総意”だと思っていました。

ところが、朝◯新聞だけは違っていたようです(5/20の記事)。
>>> http://trend21seiki.blog.so-net.ne.jp/2014-06-11

【2】へ続く・・・

売国メディア(朝◯新聞)の性根は治せない!を検証する。 [ニュース]


売国メディア(朝◯新聞)の性根は治せない!を検証する。

朝◯新聞が過去の「従軍慰安婦報道」に関し、8/5-6に渡っての
”過去記事を取り下げる”表明記事は記憶に新しいと思いますが、
今回の表明は、最初の報道から見れば32年ぶりとなります。


この間16回に渡り「捏造(ウソ)記事」を世界中にまき散らしたのです。
過去記事に関する釈明・取り下げを表明したからといって、無罪放免と
思っているフシがあるので、まだまだ追求の手をゆるめてはイケマセン。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏が自民党の議員連盟で公演(8/15)した中で
「・・・・・私は、朝日はまず1つ2つやるべきことをやった上で、
廃刊にすべきだと考えている」と表明。 まさしく同感です。

なぜなら朝◯新聞は「従軍慰安婦報道」に関し、何一つケジメをつけて
いないからです。

朝◯新聞の「1つ2つやるべきこと」が何なのかは、とうの昔に分かってる
はずですから、そこをこれからも注視し、何もアクションできないようでしたら、
櫻井よしこ氏のいう”結論”に激しく同意いたします。

まとめますと・・・
朝◯新聞は自らが世界中にばら撒いた「捏造(ウソ)記事=従軍慰安婦報道」の
取り下げを表明したが、そのことによって引き起こされた事柄についても
”沈静化させる” 責任を負っています。


それらをどう行っているのかを”朝◯新聞の今後”の判断材料にしましょう
・・・ということです。

「捏造(ウソ)記事」を平気でまき散らす新聞なんて「百害あって一利なし」。

「日本のクオリティ・ペーパー=朝◯新聞」の偶像をご破算にして廃刊に するか、それとも”誤ちと真摯に向き合い” 本来の新聞の理念に戻れるか、 の”分水嶺” と心得るべきだと思います。


LINE遊びが過ぎて大阪維新の会をクビになった山本府議 [ニュース]


LINE遊びが過ぎて「大阪維新の会」をクビになった山本府議。

山本府議自身は、
「中学生をLINE内で恫喝したことはいけないことでした」と
頭を丸坊主にして反省の態度を表明いたしました。

ただし「大阪維新の会」の除団処分や、
「テリー伊藤氏」との確執については得心できない
とし、
山本府議を巡ってはまだまだ雑音が続きそうです。

そもそも、教育委員会から「大阪維新の会」に苦情が入った時点で
”辞職勧告”でも良さそうなものを、”口頭注意”で済ませた維新の会も
身内には甘かったと言わざるを得ない。
その甘さがLINE内での恫喝へとエスカレートしたものと思われます。

それがメディアに公表され、いい大人が、それも政治家が中学生相手に
LINEで遊んでいた? 最後は中学生を脅していた? 「キモい」という
反応はごくごく自然な反応だと思うし、まかり間違ったら、最近頻発の
”監禁事件”に発展してたのではとさえ思ってしまう。

なんで有権者でもない中学生(それも女子だけ)と交流を深める必要が
あるのだろうか?
チャンとした理由なり背景があったのなら、そこを
説明しないと世間の納得は到底得られないだろうし、税金でよって立つ
政治家としての存在意義自体が危うくなると思うのだが・・・。

世間の目は、税金使って女子中学生とLINEで遊んでいる。
あわよくばと、”不純◯◯交遊を画策していた山本府議”と見られている
ことを、本人は自覚すべきです。
橋下氏やテリー氏に噛み付いてる場合じゃないってことが、
この山本氏は分かっていないように思う。


東京都議会のセクハラ野次以降、”寄生虫政治家”の化けの皮がポロポロと 剥がれてきていますが、それでも”議員辞職”まで至ったのは数少ないです。

今回の山本府議にしても、議員職にしがみつくでしょう。 選んでしまった
側にも責任はありますので、その場合チャンスは選挙の時しかありません。
そこで”No!”を突き付けるしかありません。

それまで忘れずに覚えておくことです


朝◯新聞 慰安婦報道 取り下げ|国会の場でも確認を! [ニュース]


朝◯新聞 慰安婦報道 取り下げ国会の場でも確認を!

元・朝◯新聞記者、植村隆(現在職を辞して札幌に逃亡中ですが・・・)。
この植村氏の記事が、慰安婦問題に火が付いた大きなきっかけとなり、
1993年(平成5年)の「河野官房長官談話」へとつながっていく。。。

「河野官房長官談話」に関しては、”日韓政府双方が事前に打合せた内容
だったことが、今年に入ってようやく明らかにされた
が、個別事案の解明
レベルで、戦略的な運用が意図的に押さえられてるように思えてならない。

歴史上の”客観的事実”を検証・訂正もせず、なあなあで済まそうとした
のが「河野官房長官談話」であって、相手国にうまい事まるめ込まれた感が
否めません。

反論をしないことに対する国民の不満が、徐々に高まってると感じます。
こんなときに関東大震災【1923年(大正12年)9月1日】でもまた起きたら、
またぞろ朝鮮人・虐殺等の事件・事故を招きかねません。


ですから要望したいこととしては、河野氏の”国会への招致”ですね。
だんまり状態のご本人に国会に来てもらって、「河野談話」の真意および
そのときの周辺事情をつまびらかにしてもらおうじゃないか・・・と。

竹島にしたって、「日本固有の領土」と言いながら、韓国による実効支配に
何も対処できていないではありませんか。
”火事場泥棒” を認めない相手に、 どうして仲良く出来るというのでしょうか?
いざというときに、どうして協力し合えると思えるのでしょうか?


国連に提訴するという話はどこへ行ったんですか?

日韓双方が納得出来るように、一つ一つ片づけて欲しいものです。
不満を抱えたままでは、いつかきた道にまた迷い込み、
ブレーキが効かずまた暴走を始めてしまいますよ。




~関連記事~
朝◯新聞の”大失態”「慰安婦報道」

・・・宙に浮く「クマラスワミ報告書」
・・・逃げる植村、かくまう朝日!
・・・ペナルティは? 甲子園から撤退?
・・・32年目で『誤報と認定、取り下げます』


前の10件 | - ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます