So-net無料ブログ作成

NYヤンキースの田中将大投手、海の向こうでも記録ラッシュ!! [スポーツ]


2013年、最後発球団・楽天が9年目にして「パ・リーグ初優勝」と「初の日本一」となった時の最大の功労者:田中将大投手。 2014年は大リーグ挑戦とNYヤンキースに入団いたしました。 ギネス記録にもなった「24勝0敗」、ヤンキースは良い買い物ができたと、さぞかし思っていることでしょう。

ところで野球選手の能力を評価するデータの中に「クオリティ・スタート(QS) ”良好な先発”」というものがあるそうです。 「先発投手が6イニング以上を投げ、かつ自責点を3以内に抑えたとき」に記録されるものらしいですが、日本ではまだ馴染みがないですよね。 でもこの説明からいけば、先発投手としての安定感・実力が分かるのは確かだと思います。

鳴り物入りで米・大リーグに乗り込んだ日本のサムライ「田中将大投手」。
野球発祥の地アメリカでも、その存在感を着実に表しているようです。
*5月に日本選手の新人としては野茂投手以来となる月間MVPを19年ぶりに獲得
(これはヤンキースの新人としては初めてになるそうです・・・良かったねヤンキース)
*この時点での戦績:メジャーデビュー11試合で8勝、88奪三振
(1900年以降で初めてとなる偉業・・・即戦力で儲けたねヤンキース)

じゃあ先程のQS率で見るとどうなのか? 150年の歴史を持つ米・大リーグの記録では、スティーブ・ロジャーズ(エクスポズ)が「16試合連続QS」でタイトルホルダーとなっています(1973年に達成し、以降40年間破られることのない安定先発投手の称号)。 田中将大投手は今季メジャーで唯一QS率100%を継続。 その試合数も11試合となっているのです。 あと5つで並びます。

ロジャーズ(エクスポズ)が「16試合連続QS」を記録したときの戦績は16試合で59奪三振。 我が田中将大投手は、11試合ですでに88個の奪三振を記録しています。 ピンチでも自分の力でアウトをもぎ取れる能力=QS率の高さに寄与していることを考えれば、かなり期待したくなりますよね!! 今現在でもすでにQS率では、メジャー史上で2人目という存在になっているんです。 田中将大投手は・・・スゴい人物(怪物くん)です。

今日以降のマー君の活躍をチェックするときには、このQS率の更新がかかっているということも意識して応援したいですね。



スポンサーリンク





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます