So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)の結果 [スポーツ]


もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)の結果

<準決勝は31日(日)9時 46回から再開>
    46 47 48 49 50・・・全50回
中京 0  0  0  0  3・・・・・・
崇徳 0  0  0  0  0・・・・・・
4日間に渡る準決勝戦は中京に軍配が上がった。
【中】松井投手の総投球数:709球
【崇】石岡投手の総投球数:689球

だが、勝ち残った中京には、決勝戦が待っている(2時間半後)

惜しくも負けた崇徳高校、誰からとも無く「中京を応援しよう」という
声が上がったという。 中京の三塁側スタンドには、石岡投手はじめ
松田主将率いる崇徳ナインが姿を見せ、2時間前まで4日間に渡って死闘を
繰り広げた中京に、声援を送っていた。


中京の決勝戦、対戦相手は三浦学苑(南関東・神奈川)。
初出場校ながら、強豪ひしめく南関東を勝ち上がってきた学校。
片や、4日間に渡る死闘を2時間前に終えたばかりの中京。
正直、三浦学苑の方にやりにくさがあったことは否めない。
4日間連続でプレーしてきて、疲れきっているであろう中京相手に
”勝って当たり前”的なプレッシャーがあったと思う。


決勝戦の結果は 中京(2ー0)三浦学苑 と崇徳ナインの応援が実った
形で、中京が”優勝” を勝ち取りました。

硬式球を使う、甲子園の高校野球にばかり関心が行きがちでしたが、
期せずして軟式野球にもスポットが当たる結果になりました。
注目を浴びてるこの機会にぜひ、ルール改正にも取り組んで欲しい
思います。


全国高校軟式野球大会が行われた”明石トーカロ球場”って
何か珍しい名前だと思うのですが・・・調べてみました。


明石トーカロ球場(別名:兵庫県立明石公園第一野球場)
施設の所有者:兵庫県
球場の規模 :両翼=100m、中堅=122m
照明の設備 :無し
収容人員  :12,000人
今回の高校軟式野球の本大会の他に、
夏の甲子園・兵庫大会の決勝戦もこの場所で行われていました。


なんで”トーカロ”という名前なのか?
所有者の兵庫県が”命名権”を募集してたようですね。
そこで、神戸市東灘区に本社を置くトーカロ(TOCALO)株式会社が命名権を
取得しており、2011年7月から「明石トーカロ球場」と呼んでいる。
【トーカロ(TOCALO)株式会社】
各種表面処理の総合メーカーで昭和26(1951)年7月の設立

※ 命名権の金額:年額300万円
 契約期間:2011年7月1日~2016年3月31日

広告費としては十分元が取れたでしょうね。。。

もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)は3日連続ドロー【準決勝】 [スポーツ]


もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)は3日連続ドロー【準決勝】

今年の夏の甲子園は、台風の影響で開幕が2日ズレましたが、その後は
何とか順調に推移し、8/25 大阪桐蔭が三重を下して、2年ぶり4回目の
優勝で閉幕いたしました。

もう一つの甲子園とも言われる、第59回全国高校軟式野球大会が、同じ25日に
開幕してたんですね。 同じ高校球児ではありますが、硬式に比べ軟式野球は
普段あまりスポットが当たりません。

ところが今年の軟式野球、今大変なことが起きているんです。 場所は
兵庫県の明石トーカロ球場での準決勝戦が、3日間戦っても決着がつかず、
31日の午前9時 延長46回から再開する事態になっています。

対戦は中京(岐阜) VS 崇徳(広島)・・・3日間の戦況は以下の通り
<28日(木)>
【中】松井(15回、10安打、215球)
【崇】石岡(15回、5安打、177球)
<29日(金)=16回から再開>
【中】松井(15回、9安打、217球)
【崇】石岡(15回、6安打、214球)
<30日(土)=31回から再開>
【中】松井(15回、5安打、203球)
【崇】石岡 (15回、8安打、226球)
3日間、両校とも同じピッチャーが投げ続けています。

中京・松井くんの総投球数=635球
崇徳・石岡くんの総投球数=617球

これは、完全にアウトです。 ルール改正が必要です。
動物に例えて何ですが、こういうのを”動物虐待”と言うはずです。
何で放っておくんでしょう?

選手たち本人は抑えが効かないんです。 大人がそれをカバーして
あげないと、体が壊れるまで突っ走ってしまいます。 一時の感動に
溺れてしまっては、そこから先に待っている何倍もの年月に、将来に
禍根を残すことになると思います。

更に付け加えるなら、31日決着をつけ、その日のうちに決勝戦を行うそうです。
中京にしろ崇徳にしろ、どちらが勝ち残ったとしても”地獄のダブルヘッダー。”

絶対にルール改正が必要です。。。すべきです

眞鍋女子バレーの新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」とは [スポーツ]


眞鍋女子バレーの新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」とは

有明コロシアム(東京)で行われる女子バレー・ワールドグランプリの
決勝ラウンド(20日~24日)で眞鍋ジャパンが新戦術を公式戦・初披露する。
そのフォーメーションとは・・・「※ハイブリッド6(Hybrid6)」

※ ハイブリッドとは・・・異種同士を組み合わせたもの、混合や複合。
(例:車の場合、ガソリンエンジンと電気モーターの2つの動力源を持つ
 自動車をハイブリッドカーと呼んだりします)

「ハイブリッド6」の「6」はコート上の選手の数を指します。
バレーボール競技とは究極、「相手より先に25点、3セットを取れば
勝ちが決まるんだ」とシンプルにとらえ、だったら「点数を取れる選手が
より多くコート内に入っているようにしよう」
と眞鍋監督は結論づけました。


具体的には「セッター以外の5人を、どのような組み合わせにしたら一番
効果的なのか」だけを考えたんだそうです。 そうすると必然的に1人1役
(私はスパイカー、私はブロッカー)では不十分
となり、1人で2つ、3つ
こなしてもらうことになる、という体制のようです。

日本女子バレーも身体的には大型選手が増えたとはいえ、外国との差がなか
なか縮まらない中、過去の先人たちも同じ想いをしながらも、結果を残して
きた事実。 「どうしたら・・・、どうすれば・・・」と、眞鍋監督は考え続けたん
だと思います。


リスクを覚悟の上で、新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」を積極的に試そうと
する眞鍋ジャパン。  「MB1」も、「ハイブリッド6」も、狙いは 一つ。
「相手より先に25点、3セットを先取すること」。
 進化を忘れない姿勢、
変化を恐れない姿勢は尊いと思います。

その姿が、新戦術「ハイブリッド6」が、
8/20~24 有明コロシアム(東京)で初披露となるのです。

頑張れ・眞鍋ジャパン!!



眞鍋ジャパン「ハイブリッド6」で女子バレーの頂点へ! [スポーツ]


眞鍋ジャパン「ハイブリッド6」で女子バレーの頂点へ!

【 眞鍋監督の想いは一つ 】・・・2016年のリオ五輪で「世界一」になる事

ロンドン五輪(2012年)で銅メダルを獲得、現在世界ランキング3位です。
更なる高みを目指そうとした時、リスクが伴うことも覚悟の上で
新しいことをやらなければ世界一にはなれない」と眞鍋監督はいう。

その確信を持つまでに、過去の歴史からも多くを学んだという。
*1964年の東京オリンピック(女子金メダル)「回転レシーブ」(大松博文監督)
*1972年のミュンヘン(男子金メダル)「時間差攻撃」(松平康隆監督)
*1976年のモントリオール(女子金メダル)「ひかり攻撃」(山田重雄監督)

【 新戦術の効果 】
バックアタック・・・1976年のモントリオールで、ポーランドの
ボイトビッチが初めてバックからスパイクを打ち、男子・金メダルに導く。
・・・しかし、各国もやりだしてからは低迷。
2人サーブレシーブ、リードブロック・・・アメリカ
1984年(ロサンゼルス)-1988年(ソウル)と2大会連続の男子・金メダル。

眞鍋監督は、男子も女子も2000年以降、あまり新しい戦術が出ていない
ことに着目し、日本が勝つには、やはり「新戦術」が必要だと、確信を
深めたようです。



バレーボール競技をシンプルに、「相手より先に25点、3セットを取れば
勝ちが決まるスポーツ」ととらえ直し、点数を取れる選手がより多く
コート内に入っていれば、勝てるはず
という考えにたどり着いたという。


この考えを具現化したのが、2013年11月のグラチャンバレーでの
「※MB1」フォーメーションだ
というのだ。
※MB1・・・速攻やブロックを主な仕事にするミドルブロッカー(MB)を従来の
2人から1人に減らし、空いたポジションに得点能力の高いウイングスパイカー
(WS)を配した新フォーメーション。

だが、眞鍋監督の中では「MB1」も最終形ではない。
2014年8月のワールドグランプリ・決勝ラウンド(20日~24日・有明コロシアム
in東京)では、新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」で戦うと明言している。


新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」については別記事で・・・


西嶋投手(東海大四高)|超スローボールは是か非か? [スポーツ]


西嶋投手(東海大四高)|超スローボールは是か非か? 

8/14(木)の第二試合は
九州国際大付(福岡) 1 - 6 東海大四(南北海道)で決着がついたのだが、
この試合中、要所で東海大四高・西嶋投手の投じた超スローボールが、
物議をかもしているようです。


ことの発端は、この超スローボールを見た、野球の実況をしたことがある
元アナウンサーが、ツイッターで「投球術とは呼びたくない、世の中を
なめている」と発言したことに対し、高校野球や西嶋投手のファンから
怒りを買ってしまったようなのだ。

8/14(木)の試合を見逃してしまったという人は、東海大四高(南北海道)の
次の試合は、8/19(火)の第一試合(09:30開始)、対戦相手は山形中央

決まっているので注目です。

今までも、スローボールを投げて打者の打ち気をそらすとか、速いボールを
投げれない投手などが、緩急をつけるためにスローボールを投げるという
ことがありましたが、それでもボールのスピードは100キロ台が出ます。

ところが西嶋投手のそれは、本人いわく「58キロくらい」というから、
超々スローボール
な訳です。 またボールの軌跡もテレビの画面からは
消えて見えなくなります。 真上に向かって投げてるようなイメージです。


さてここで、管理人のこの「超々スローボールは是か非か」についての
感想ですが『あり』としたいと思います。 元アナウンサーの方も個人の
意見として『なし』を主張されましたが、私は『あり』と主張いたします。

野球規則に違反しているから・・・というのであれば別ですが、そういう
ことでもなさそうですから、ルール違反をしているわけでもないのに
「あんなことを許したら、世の中をなめた人間になってしまう」に至っては、
大きなお世話と言わざるを得ません。



甲子園 高校野球 日程 抽選|注目の高校は? [スポーツ]


甲子園 高校野球 日程 抽選
2014年の組み合わせが決まりました。


8/9~15日間にわたって熱戦が繰り広げられます。
開会式式の選手宣誓は、作新学院(栃木)が引き当て
中村幸一郎主将が務める予定です。

【 龍谷大平安 】
その後の初日、第一試合、春の選抜優勝校、龍谷大平安(京都)が
注目校のトップを切って登場です。 夏の甲子園では3回の優勝経験を
もちながら、春は準優勝が最高だったのが、今年2014年春の大会では
初優勝を獲得。 春夏連覇・8校目のチャンスの年とあって注目です。

【 智弁学園 】
ピッチャーに注目が集まる高校野球において、打者での注目No.1が奈良・
智弁学園の岡本和真内野手
。 現時点で高校通算で73本ホームランを
打っており、プロ注目の大型スラッガーです。 更に細かく見ていくと
【三振が少なく、高打率を維持】というのも魅力のようです。

【 盛岡大付属 】
第二の大谷選手(花巻東・岩手 → 日ハム)と注目なのが岩手・盛岡大付属の
松本裕樹選手
。 投げては150キロの右腕と高校通算ホームランが54本という、
まさしく大谷選手をほうふつさせる選手で、プロのスカウトも投打に注目。

【 九州国際大付属 】
守備でプロの目に止まったのが、九州国際大付属の清水優心選手。
ポジションはキャッチャーで「高校生トップレベルの捕手」とスカウトの
プロも”太鼓判”。 若生監督、最後の甲子園ということもあり、少しでも
長く甲子園を楽しみたいと思っているはずです。

【 東海大相模 】
140キロ以上を投げる好投手を4人も擁する神奈川・東海大相模だけは、
勝ち進んでもピッチャー不足に泣くことはなさそうです。 中でも注目は決勝戦で
20奪三振の快投を披露した吉田凌投手。 三振が取れるというのは大きいですね。

※【 東海大相模 】VS【 盛岡大付属 】6日目
この2校は”初戦” 対決。 残れるのはどちらか1校。
敗者復活のないトーナメント方式がウラメしいですね。


2014 夏 高校野球 日程 抽選の結果 [スポーツ]


2014 夏 高校野球 日程 抽選の結果が出ました
*抽選は昨年同様、初戦の対戦カードだけを決め、勝利チームの次戦の抽選は
試合終了後にそれぞれ行われます。
*東西対決方式をとらないが、2校出場の北海道と東京は初戦で対戦しないように振り分けるとのこと。

【 初戦の組み合わせ 】
1日目:8月9日(土)
▽1回戦
10:20 龍谷大平安(京都)vs 春日部共栄(埼玉)
12:50 坂出商(香川)vs 敦賀気比(福井)
15:20 日大鶴ケ丘(西東京)vs 富山商(富山)

2日目:8月10日(日)
▽1回戦
8:00  日南学園(宮崎)vs 東邦(愛知)
10:30 静岡(静岡)vs 星稜(石川)
13:00 日本文理(新潟)vs 大分(大分)
15:30 大垣日大(岐阜)vs 藤代(茨城)

3日目:8月11日(月)
▽1回戦
8:00  高崎健康福祉大高崎(群馬)vs 岩国(山口)
10:30 鹿屋中央(鹿児島)vs 市和歌山(和歌山)
13:00 佐賀北(佐賀)vs 利府(宮城)
15:30 三重(三重)vs 広陵(広島)

4日目:8月12日(火)
▽1回戦
8:00  東海大甲府(山梨)vs 佐久長聖(長野)
10:30 九州国際大付(福岡)vs 東海大四(南北海道)
13:00 聖光学院(福島)vs 神戸国際大付(兵庫)
15:30 小松(愛媛)vs 山形中央(山形)

5日目:8月13日(水)
▽1回戦
9:30  明徳義塾(高知)vs智弁学園(奈良)
12:00 開星(島根)vs 大阪桐蔭(大阪)
▽2回戦
14:30 二松学舎大付(東東京)vs 海星(長崎)

6日目:8月14日(木)
▽2回戦
8:00  鳴門(徳島)vs 近江(滋賀)
10:30 城北(熊本)vs 東海大望洋(千葉)
13:00 東海大相模(神奈川)vs 盛岡大付(岩手)
15:30 角館(秋田)vs 八頭(鳥取)

7日目:8月15日(金)
▽2回戦
8:00  沖縄尚学(沖縄)vs 作新学院(栃木)
10:30 八戸学院光星(青森)vs 武修館(北北海道)
13:00 関西(岡山)vs 第1日勝者から抽選

※以降の対戦は、大会開幕後に順次決定されます。

※開会式での選手宣誓は、作新学院(栃木)が引き当て、
中村幸一郎主将が務める予定です。


※赤文字は”管理人” 注目校です


ミラクル星稜|ゴジラ松井もルーズベルトゲームもビックリ!! [スポーツ]


ミラクル星稜に、ゴジラ松井もルーズベルトゲームもビックリです。
夏の甲子園・石川県大会・決勝戦「7/26 小松大谷8-9x星稜」


大谷VS星稜.png

ゴジラ松井(巨人~ヤンキース)を輩出した、名門・星稜高校の林監督も
「・・・諦めていた」と、試合後本音を語った。
無理もない、8回まで散発2安打の無得点で、スコアは8-0、8点のビハインド。
9回の先頭打者には村中主将を代打に送った。
3年生だし、せめて高校野球の最終戦を経験させてやりたいという、
親心だったという。

だがそこは指揮官、『打者一巡の攻撃だ~』 と送り出した。その村中主将が
四球を選び、ドラマの幕が開く。続く代打・今村も3年生。右中間への三塁打で
最初の1点が入り、奇跡の大逆転劇が始まったのである。

野球好きだったアメリカ大統領のルーズベルトは、
「一番おもしろいゲームスコアは、8対7だ = ルーズベルトゲーム」と
述べたらしいが、今回の試合は何と表現したらいいのだろう。
見る側によっては、最も残酷な9回とも言える。

小松大谷のエース山下投手にとっては、何が起こったのか、”悪夢”としか
思えなかったろう。8回まで散発2安打で来たのに・・・。 先頭打者への
フォアボール? ”満塁ホーランを2回喰らったとしてもまだ同点”という
”圧倒的有利”に潜んでいた、落とし穴とでもいうのか・・・。

かける言葉も無いし、何を言っても今は届かないかもしれない。
でも一つだけ言えるのは、金を積んでも、誰がどう工面しようが、
経験できない事を山下投手は経験できたということ。
これだけは真実ですし、山下投手だけの財産だということです。
この先は、ドンドン良いことが起こります。



「安楽散る」・・・夏の甲子園、楽しみが減っちゃった。。。 [スポーツ]


「安楽散る」この見出しだけで、「エ、エ~!」となってしまいました。
24日の愛媛大会3回戦、東温4‐1済美で、安楽投手(3年生) 最後の
夏の甲子園は終わってしまいました・・・とさ。


11奪三振、最速148キロで完投したようですが、
5安打4失点で準々決勝を前に、早々と散ってしまいました。

7月に行われた練習試合でも、明徳義塾相手に”コールド負け”を喫するなど
不安材料を抱えての夏の甲子園・地区大会でしたが、その不安を解消
できないまま、大会に入ってしまったのかも知れませんね。

そうは言いながら、これで安楽投手自体が否定された訳ではありませんので、
今後の進路もにらみながら、しっかり調整して欲しいですね。

肩は消耗品といいますから、酷使せずに済んだと思うとかね・・・。

間違っても遊びまわって、その素質をドブに捨てることの無きよう。。。


【 補 足 】
管理人の地元・宮城県からは、今年は「利府高校=公立」が”初出場”です。
宮城県といえば、「東北高校」か「仙台育英」が定番だったのですが、
今年に限っては、ベストフォーが全て公立高校という、ここ10年は無かった
事態が起きています。

その中でも宮城県代表となった「利府高校」は、投手の継投や、バント、
盗塁の多用などで、しつこい野球、粘りの野球で勝ち上がってきました。
トーナメント方式の夏の甲子園では、これが力を発揮してくれることを
期待しています。


遠藤 VS 大砂嵐|大相撲・名古屋場所 9日目 [スポーツ]


3連休の最終日、大相撲も”客商売”を心得ているようで、
遠藤 VS 大砂嵐の取り組みを持ってきて”満員御礼”が出ました。


遠藤 聖大(えんどう しょうた) 23才、初土俵:2013年3月場所
大砂嵐金太郎(おおすなあらしきんたろう) 22才、初土俵:2012年3月場所

遠藤に関して云えば、子供の頃から相撲一筋で日本大学まで進み、
アマチュア横綱の資格を持って大相撲入りしています。
角界での目標としては、
日大出身の先輩でもある「石川県出身の輪島」と語っています。
幕内に上がるスピードに髪の毛が追いつかず、マゲが結えないまま
土俵を務めたことでも、相撲ファンの期待を集めていました。

片や、大砂嵐。 過去2回記事にするほど、今場所は目立っています。
ラマダンで飲食ができない中、横綱・初挑戦で2横綱を倒しています。
頭の毛が薄くて、とても年相応には見てもらえませんが、遠藤よりは
1個下になります。

9日目の取り組みは、この期待の二人が対戦いたしました。

結果は、大砂嵐のかち上げ(エルボー)が不発気味で、遠藤の勝利。
二人の通算成績はちょうど五分の2勝2敗。 力も拮抗してるという
ことでしょうか。 遠藤は先場所かち上げでKOされてましたので、
研究勝ちといったところでしょうか。

ま、こうやって両者が切磋琢磨していくことが、結果的に大相撲の 隆盛につながるでしょうから、この先も研究しあって、見応えのある 相撲を取り続けて欲しいと思います。


前の10件 | - スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます