So-net無料ブログ作成

もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)の結果 [スポーツ]


もう一つの甲子園(全国高校軟式野球)の結果

<準決勝は31日(日)9時 46回から再開>
    46 47 48 49 50・・・全50回
中京 0  0  0  0  3・・・・・・
崇徳 0  0  0  0  0・・・・・・
4日間に渡る準決勝戦は中京に軍配が上がった。
【中】松井投手の総投球数:709球
【崇】石岡投手の総投球数:689球

だが、勝ち残った中京には、決勝戦が待っている(2時間半後)

惜しくも負けた崇徳高校、誰からとも無く「中京を応援しよう」という
声が上がったという。 中京の三塁側スタンドには、石岡投手はじめ
松田主将率いる崇徳ナインが姿を見せ、2時間前まで4日間に渡って死闘を
繰り広げた中京に、声援を送っていた。


中京の決勝戦、対戦相手は三浦学苑(南関東・神奈川)。
初出場校ながら、強豪ひしめく南関東を勝ち上がってきた学校。
片や、4日間に渡る死闘を2時間前に終えたばかりの中京。
正直、三浦学苑の方にやりにくさがあったことは否めない。
4日間連続でプレーしてきて、疲れきっているであろう中京相手に
”勝って当たり前”的なプレッシャーがあったと思う。


決勝戦の結果は 中京(2ー0)三浦学苑 と崇徳ナインの応援が実った
形で、中京が”優勝” を勝ち取りました。

硬式球を使う、甲子園の高校野球にばかり関心が行きがちでしたが、
期せずして軟式野球にもスポットが当たる結果になりました。
注目を浴びてるこの機会にぜひ、ルール改正にも取り組んで欲しい
思います。


全国高校軟式野球大会が行われた”明石トーカロ球場”って
何か珍しい名前だと思うのですが・・・調べてみました。


明石トーカロ球場(別名:兵庫県立明石公園第一野球場)
施設の所有者:兵庫県
球場の規模 :両翼=100m、中堅=122m
照明の設備 :無し
収容人員  :12,000人
今回の高校軟式野球の本大会の他に、
夏の甲子園・兵庫大会の決勝戦もこの場所で行われていました。


なんで”トーカロ”という名前なのか?
所有者の兵庫県が”命名権”を募集してたようですね。
そこで、神戸市東灘区に本社を置くトーカロ(TOCALO)株式会社が命名権を
取得しており、2011年7月から「明石トーカロ球場」と呼んでいる。
【トーカロ(TOCALO)株式会社】
各種表面処理の総合メーカーで昭和26(1951)年7月の設立

※ 命名権の金額:年額300万円
 契約期間:2011年7月1日~2016年3月31日

広告費としては十分元が取れたでしょうね。。。


スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます