So-net無料ブログ作成

眞鍋女子バレーの新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」とは [スポーツ]


眞鍋女子バレーの新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」とは

有明コロシアム(東京)で行われる女子バレー・ワールドグランプリの
決勝ラウンド(20日~24日)で眞鍋ジャパンが新戦術を公式戦・初披露する。
そのフォーメーションとは・・・「※ハイブリッド6(Hybrid6)」

※ ハイブリッドとは・・・異種同士を組み合わせたもの、混合や複合。
(例:車の場合、ガソリンエンジンと電気モーターの2つの動力源を持つ
 自動車をハイブリッドカーと呼んだりします)

「ハイブリッド6」の「6」はコート上の選手の数を指します。
バレーボール競技とは究極、「相手より先に25点、3セットを取れば
勝ちが決まるんだ」とシンプルにとらえ、だったら「点数を取れる選手が
より多くコート内に入っているようにしよう」
と眞鍋監督は結論づけました。


具体的には「セッター以外の5人を、どのような組み合わせにしたら一番
効果的なのか」だけを考えたんだそうです。 そうすると必然的に1人1役
(私はスパイカー、私はブロッカー)では不十分
となり、1人で2つ、3つ
こなしてもらうことになる、という体制のようです。

日本女子バレーも身体的には大型選手が増えたとはいえ、外国との差がなか
なか縮まらない中、過去の先人たちも同じ想いをしながらも、結果を残して
きた事実。 「どうしたら・・・、どうすれば・・・」と、眞鍋監督は考え続けたん
だと思います。


リスクを覚悟の上で、新戦術「ハイブリッド6(Hybrid6)」を積極的に試そうと
する眞鍋ジャパン。  「MB1」も、「ハイブリッド6」も、狙いは 一つ。
「相手より先に25点、3セットを先取すること」。
 進化を忘れない姿勢、
変化を恐れない姿勢は尊いと思います。

その姿が、新戦術「ハイブリッド6」が、
8/20~24 有明コロシアム(東京)で初披露となるのです。

頑張れ・眞鍋ジャパン!!




スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます