So-net無料ブログ作成

「超スローボール、なめてる発言」の後始末と、朝◯新聞の後始末。 [話 題]


「超スローボール、なめてる発言」の後始末と、朝◯新聞の後始末。

東海大四高・西嶋投手の投じた「超スローボール」を、「なめている」と
ツイッター発言して物議をかもした元アナウンサーの岩佐氏が、改めて
謝罪のコメントを自身のブログで発表しました。(以下引用です)

(先のツイッター発言を) 岩佐氏は・・・
「言葉が足りていません。
そして、使う言葉を決定的に間違えました。
『世の中をなめた』はまったく“余計”でした。
言い方はほかにいくらでもあったのに」と反省。

「西嶋投手本人が直接の謝罪を求めるなら、
そのようにさせていただきます。
北海道へも行きます。大会終了後になるでしょうが。
ご本人、あるいは周りの方で彼の気持ちを知っている人
がいたら、ご一報ください」とした。

/////// 誠意が感じられる「後始末」だと思いました ///////

比べては何ですが・・・
32年間に渡る意図的なねつ造記事「従軍慰安婦報道」を、8/5-6 の取下げ
報道で一件落着を狙う、「厚顔無恥」の朝◯新聞と比較してしまいました。

「なめてる発言」の岩佐氏は、批判された内容に素直に耳を傾けたんだと
思います。 そして間を置かずに「言い過ぎた」と途中謝罪。
・・・そして今回の正式謝罪。


片や朝◯新聞、十分な検証も行わずに結果16回もの「ねつ造記事」をまき
散らした挙句、役割を十分果たしたと思ってか、最近の調査では「従軍慰安婦
報道」の信ぴょう性が確認できないとして「記事取り下げ」に動きました。

この間32年間ですよ。 中国・韓国に「日本叩き」の口実を提供し、国連には
日本は「性奴隷が当たり前」のひどい国家ですとウソ情報を提供し続けました。
外国からの中傷よりは、内部告発的な朝◯新聞情報が重用された結果、国連
からの”改善勧告=「クマラスワミ報告書」” も出されたのです。


「従軍慰安婦報道」といい「福島原発事故:命令無視の撤退」記事といい、
朝◯という新聞社は何かを意図して、真実をねじ曲げる記事を発信し続けて
いるとしか思えません。 このことによって得をする国々の手先だとなれば、
理解しやすいと思いませんか?

自分たちの国はこんなにひどい国です。ひどい国民ですとウソをまき散らす
意味が分かりません。 実は、朝◯新聞は、中国資本の新聞社であったとか、
韓国系の新聞社であったと言われたほうが、何倍も理解しやすいです。

・・・そうなれば、誰も購読なんかしなくなるでしょうし、
そもそも日本の新聞社である必要性もなくなります。 他所で頑張ってください。

トイレットペーパーを何袋付けようが、洗剤を何個オマケされようが、
日本国や日本人の足を引っ張る”朝◯新聞”って必要なのでしょうか?
それも真実ならまだしも、真実をねじ曲げての「捏造(ウソ)記事」ばかり。
これでは、新聞社としての”存在価値”すらありません。


”人、物、金、エネルギー”等の貴重な資源を浪費して、世界中に「捏造(ウソ)記事」をばらまく存在が消えてなくなるだけでも、よっぽど世の中のためになります。
朝◯新聞1社が消えることで、正確な情報が入手できなくなるのでしょうか?

だとしたら困りますけど。。。絶対、困りません!!



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます