So-net無料ブログ作成

「3・11 福島の原発事故対応」を朝◯新聞はどう報じたか 【2】 [ニュース]


原発事故後しばらくして、政府の事故調査・検証委員会が、事故発生時に所長として対応に当たった吉田昌郎(まさお)氏(2013年7月9日死去)に 聞き取り調査「聴取結果書(吉田調書)」を実施しておりました。

この調査後、吉田氏は自分の報告が一人歩きしないよう、上申書という形で
「安易な公開」に懸念も表明していました。 いわく「昼・夜の判断もつかないほどの、
不眠不休の作業継続下での記憶である」として、他の人とのすり合わせで万全を
期して欲しいとの想いと思われる。

このこともあってか、自民党議員であっても閲覧できなかった「吉田調書」。

これを朝◯新聞がどこからか入手し、5/20付けの記事でまたしても
捏造(ウソ)記事「福島第一の原発所員、命令違反し撤退|吉田調書で判明」

を発信したのでした。

この5/20付けの朝◯新聞を受け、世界の反応は以下の通り。
*韓国メディア・・・福島原発事故は“日本版 セウォル号”だった!
*米・NYタイムズ・・・パニックに陥った作業員たちは、福島原発から
 逃げ去っていた
*英・BBC・・・福島原発の作業員は危機のさなかに逃げ去った


これは事故後4日目の3/15、2号機の状態が最悪になりそうになった時点で、
”非戦闘員=人事、総務、広報(含む女性) 600名強” の安全をも、吉田所長の
判断に任されていた時のことです。 そこでの吉田所長の判断を悪用・ねじ曲げ
10キロ離れた第2原発への一時避難を「命令無視の撤退」と報じた
のです。

また、実質的な作業を行なったのは「協力企業の人たち」という印象を
植えつける表現も再三なされているが、これも事実とは違っています。

協力企業の人たちは吉田所長の方針によって「退避」しており、吉田所長に
命を預けた70名弱の”戦闘員”が現場に残り続けた
のです。

吉田所長(故人)が懸念した事が、朝◯新聞によって現実化してしまったのです。
吉田所長の名を語って、捏造(ウソ)記事を世界中に配信され、吉田所長は
さぞかし無念でしょうし、ご遺族の方々や関係者の方々、ハラワタが煮えくり
返っていることと思います。

自民党議員であっても閲覧できなかった「吉田調書」が、今回(8/17)公表
されたことにより、朝◯新聞による「捏造(ウソ)記事」がまた一つ暴かれる
事となりました。


根っからの嘘つき企業に、企業としての特例を与え続けて良いものでしょうか? まして”新聞社といえば社会の公器”、一般企業以上の特例が用意されています。 それらの”はく奪” があっても良いと思います。


詳細は以下の2記事に譲ります・・・
http://www.kadotaryusho.com/blog/2014/05/post_758.html
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 [単行本] アマゾン



スポンサーリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます